2015年03月24日

松山、21位「ショットは明るい兆し」

◇USPGAツアー アーノルド・パーマー招待最終日(2015年3月22日 米フロリダ州オーランド ベイヒルクラブ&ロッジ=7419ヤード、パー72)

 53位から出た松山英樹(23=LEXUS)は5バーディー、1ボギーの68とスコアを伸ばし、通算8アンダー、280の21位で終えた。17位から出た石川遼(23=CASIO)は2バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの75と崩れ、通算5アンダーの43位。3位から出た昨年優勝のマット・エブリー(31=米国)が66で回り、通算19アンダーで連覇を達成した。

 松山はショットを軸にスコアを伸ばして締めくくり「ショットは明るい兆しが出てきて、ちょっとずつ自信を持って打てるようになってきた」と好感触を口にした。

 この日フェアウエーを外したのは1度だけ。第2打以降を簡単にしてチャンスを量産した。5番は残り159ヤードを2メートルにつけてバーディー、10番も2メートルとピンに絡めてじわじわと順位を上げた。

 しかし、グリーン上の精度に関しては満足していない。17番では「奇跡の一打」という10メートルのロングパットをねじ込んでバーディーとしたが「(パットは)まだまだ先が見えない」と厳しい。

 今後は2週間、調整と休養に努めてマスターズ(4月9日開幕、米ジョージア州)に挑む。「左手の状態も良くなってきているのでしっかり練習したい」と力を込めていた。  

Posted by 青木琴美 at 11:41Comments(1)TrackBack(0)

2015年03月10日

松山、不満顔11差23位

◆米男子プロゴルフツアー キャデラック選手権最終日(8日・米フロリダ州トランプナショナル・ブルーモンスター=パー72)

 40位で出た松山英樹(23)=LEXUS=は5バーディー、3ボギーの70と伸ばし、通算2オーバーで23位となった。昨季の日本の賞金王・小田孔明(36)=フリー=は16オーバーで68位、藤田寛之(45)=葛城GC=は27オーバーで73位だった。5打差2位から出て69で回ったツアー屈指の飛ばし屋、ダスティン・ジョンソン(30)=米国=が9アンダーで逆転優勝。今季ツアー初、通算9勝目をつかんだ。

 ツアー屈指の難コースで予告通りのアンダーパー締め。11番と13番で、バンカーから直接カップへ入れるバーディー。だが「いいショットを打ってもグリーンに乗らないし、いいパットを打っても入らなかった」と優勝スコアと11打差の23位に不満顔。今季すでに4度のトップ5で来季シードは確実。次戦は19日開幕のアーノルドパーマー招待。「いい状態で終われたのを次にどうつなげるか」と好感触の持続を課題に挙げた。  

Posted by 青木琴美 at 11:51Comments(2)TrackBack(0)