2014年08月27日

R·マキロイが首位に2打差の3位!

ドイツ銀行選手権(8月29日~9月1日、米国マサチューセッツ州·TPCボストン、7216ヤード、パー71)
ジェイソン·デイ フォトギャラリー
 現地時間31日にプレーオフ第2戦の3日目が行われ、注目のロリー·マキロイ(北アイルランド)が64をマークして、通算10アンダーの3位タイに浮上した。松山英樹も68と3つ伸ばして、通算3アンダーの34位タイに浮上した。首位は5位からスタートしたラッセル·ヘンリーの通算12アンダー。
 世界ランキング1位、2012年大会優勝のロリー·マキロイが、7バーディ、ノーボギーの64、この日のベストスコアタイをマークして通算10アンダー。17位から首位に2打差の3位タイに浮上し、最終日の逆転優勝も射程に収めた。
 通算イーブンパーの44位からスタートした松山英樹は、3番ボギー先行も、続く4番のバーディで戻したが、9番のボギーで前半は1オーバー。後半に入ると、12番バーディ、15番、16番と連続バーディ、最後の18番もバーディで締めくくり、68でホールアウト。3つスコアを伸ばして、通算3アンダーの34位タイに浮上した。(X2 HOTアイアン)
 ラッセル·ヘンリーが7バーディ、1ボギーの65をマークして通算12アンダーまで伸ばし、2日目の5位から単独首位に躍り出た。1打差の2位にはビリー·ホーシェルの通算11アンダー。
 首位スタートのジェイソン·デイ(オーストラリア)は69で回り、通算10アンダーで3位タイ、同じく首位タイのライアン·パーマーは71と伸ばせずに通算8アンダーの7位タイに後退した。
 リッキー·ファウラーとジョーダン·スピースはともに通算7アンダーの11位タイに並んでいる。また、ディフェンディングチャンピオンのヘンリク·ステンソン(スウェーデン)は通算イーブンパーの50位タイに沈んでいる。(ロケットボールズアイアン)  

Posted by 青木琴美 at 11:26Comments(4)TrackBack(0)

2014年08月25日

松山、後半に伸ばして34位タイ浮上 R.マキロイ3位タイ

米男子ツアーのプレーオフシリーズ第2戦 ドイツ銀行選手権は現地時間8月31日、マサチューセッツ州のTPCボストンを舞台に第3ラウンドの競技を終了。44位タイで出た松山英樹は3アンダー68で回り通算3アンダー34位タイに浮上した。また、3日目に6アンダー65をマークしたラッセル·ヘンリー(米)が通算12アンダーで単独首位を奪取している。
 松山が後半に粘りを見せ順位を上げた。この日は3番ボギーでスタートすると4番ですぐに獲り返したが9番もボギー。前半は1オーバーで終了した。ところが後半に入ると12番、15番、16番、そして最終18番でバーディを奪取。4つスコアを伸ばして3アンダー68でホールアウトした。
 前半はショット、パットともに安定しなかったが、後半は立て直してスコアメイク。12番では約2メートル、15番、16番では約3メートルにつけるなどショットが冴えると、確実にパットを決め最終日につながるゴルフを披露した。現時点では大会終了後のフェデックスカップ·ポイントランクは24位と予測されているが、さらに上位を目指せそうだ。
 強豪ひしめく中、トップに立ったのはヘンリー。この日は7バーディ、1ボギーの6アンダー65と会心のゴルフを見せ単独トップに浮上、今年のザ·ホンダ·クラシックに続くツアー通算3勝目に王手をかけた。単独2位には4アンダー67で回ったビリー·ホースヘル(米)。大会前はフェデックスカップ·ポイントランク82位で、第3戦 BMW選手権(4~7日/コロラド州チェリーヒルズCC)への出場が微妙な状況だったが、このままいけば11位となり大きく躍進する。(タイトリスト ボーケイ SM5)
 また、ローリー·マキロイ(北アイルランド)が7バーディ、ノーボギーの7アンダー64とまくり、通算10アンダーで前日の17位タイから一気に3位タイにジャンプアップ。ツアー通算10勝目に向け好位置につけている。
 尚、石川遼は既に予選で敗退しており、現時点でのフェデックスカップ·ポイントランクは72位。このままでは上位70位までが進める第3戦への出場は厳しい状況となっている。(ピンg25アイアン)  

Posted by 青木琴美 at 19:19Comments(5)TrackBack(0)